1)堅苦しくない程度に

1)堅苦しくない程度に

冠婚葬祭の場では普段気にしないようなマナーが突然必要となります。

こういったマナーはネット上に多数掲載されていますが、すべてテンプレート通りとなっていますので、たとえ正解だとしても堅苦しいものになりがちです。

プロフィールビデオでも最低限のマナーは必要となりますが、そこまで気にしてしまうとつまらない作品となってしまいます。

ですが、素人目には会社の上司に対して見苦しくないように、それでいてお友達が楽しんでくれるような加減は難しいものです。

そのあたりの加減も、プロに相談しながら進めていくと安心です。

折角楽しげな素材を使用したとしても、文章が句読点だらけの味気ない文章だとしたら映像とは合いません。だからといってくだけすぎた文章も冠婚葬祭の場にはあまり相応しくはないのです。

映像制作会社はそういう場に上映する作品の製作にあたるに上、知識をしっかりと理解しています。

お客様がメッセージに困った時に的確なアドバイスを行ってくれるので、困った時は気軽に相談できるような映像制作会社にプロフィールビデオを頼みたいですね。

マナーに対するサポートをきちんと聞けるのは、なにかと忙しい結婚準備中とても心強いものとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *