4)どんな言葉がNG?

4)どんな言葉がNG?

いくら相手が相談にのってくれる会社でも、メッセージを込めるのはこちら。

ある程度の文章マナーは頭に入れておかなければなりません

忌み言葉は、そこまで多いものではなく、マナーサイトを見ていてもなんとなく「ああ、これは使ってはいけない気がするなあ」と思うものがほとんどで、けして難しいものではありません。

全てをきちんとチェックできればいいのですが、自身がない方は簡単な自動チェックツールもネット上にありますので参考程度に使用するのも手です。

忌み言葉には、きちんと他の言い回しができるものばかりです。その情報もネット上から確認できるので、他の言い回しに文章を組み替えるのも容易でしょう。この言い換え一つできるだけでお祝いの席に相応しいメッセージが作れます。

くれぐれも、重々といった「重ね言葉」、終わる、切る、帰る、最後…一般的に忌み言葉とされている言葉はうっかり使いがちなものです。ですがそれらを頭に入れておくと、ご友人の結婚式にスピーチを任された時にも役立ちますよ。

ご自分の結婚式で冠婚葬祭のマナーを頭に入れておくと、今後のお付き合いの際にも役立ちます。文章マナーをこの機会に勉強してみてはいかがでしょうか?

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *